大家初心者に参考にして頂きたいルームクリーニング業者の選別方法

雑感

前回の記事でルームクリーニング特約の書き方について考察しました。

 

ルームクリーニング特約の書き方、大丈夫ですか?
入居者の退去時、ルームクリーニングは入居者に負担してもらいたいとの思いから契約書にその旨の特約を盛り込んでいる大家さんは多いと思います。特約自体は有効ですが、何でもかんでもアリというわけではないので、どんな記載方法であれば有効性を主張できるのか、考察していきたいと思います。

 

入居者負担で合意がとれたのでクリーニングをかけましょう。じゃあどこの業者に依頼しますか?管理委託している大家さんなら管理会社にお任せしちゃうでしょう。自主管理の大家さんも大家歴が長ければ懇意にしている業者もいるでしょうからそこにお任せできます。そういうつながりがまだない、大家になりたての方に、今回は私が使った「くらしのマーケット」を紹介したいと思います。

「くらしのマーケット」のハウスクリーニングは1R1.5~2.5万円

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」の依頼ができるインターネット商店街です。

くらしのマーケット - くらべておトク、プロのお仕事。
ハウスクリーニングや家事代行、不用品回収、引越しなどの暮らしのサービスをオンラインで予約するなら「くらしのマーケット」。サービスを利用したユーザーの口コミ、満足度や具体的なサービス料金で簡単・便利に徹底比較!

大家さんが任せそうなメニューには「ハウスクリーニング」をはじめとしたクリーニング系が充実しています。遺品整理なんていうのもありますので、孤独死が発生した部屋なんかにも応用がききそうです。

 

公式ホームページに相場の記載がありますが、単身者用の1R、1Kであれば15,000円~25,000円です。ぱっと見は安いですよね?

 

留意点するべき点は、エアコン洗浄とかワックスとかもお願いする場合はオプションで細かく乗せてきます。あと駐車場がない物件は近隣のパーキングを使うことになるので、半日分くらいのコインパーキング代が請求に乗ることを念頭に置いておいてください。

 

ある管理会社が作る賃貸借契約書のフォーマットには、徴収するクリーニング代が1Kで30,000円+消費税であるのを見たことがあります。また、25㎡を超えると1Kで35,000円を徴収するパターンもあります。

相場を知らないとまあこんなもんかとなりますよね。入居者もそういう人多いと思います。

管理会社任せだと、ルームクリーニングできる業者に丸投げしてバックマージンを抜くという実態があることも大家さんはご存知かと思います(じゃあ自分で安いところに発注かけて、徴収するルームクリーニング代より安く仕上げれば差額は自分のポケットに・・・なんてね)

安い!丁寧!リピートしたい!!

私が最近くらしのマーケットを使った部屋は28㎡の広めの1Rだったのですが、選んだ業者の金額は20,000円でした。念のため依頼する前に、28㎡あるけどこの金額でいいか事前に確認をとって合意もとっておきました。

 

現場に到着したのは初老のベテランおじちゃん。開始前にこちらが気になっているところを指摘し、ここもあれもキレイにしてくださいとけっこうわがままを伝えました。「多分大丈夫です。やってみます」と力強い返事を頂き一安心。終了時間の目安を聞いてひとまず退散。

 

ルームクリーニングって1Rワックスがけなしでも約半日かかるんですよね。知らない大家さんも多いのではないでしょうか?管理会社任せだと現場感つかめないので、たまには様々な業者とこういったやりとりを持った方がよいと思いますよ。

 

「終わりましたよー」と電話を頂き、終了時に立ち合いをする。

「ここのクロスもうちょっとキレイにできませんかね?」

「ここは補修塗料ぬればなんとかなるかも」

「別料金かかります?」

「いやサービスします、やりましょう。あとこちらで思ったことが水回りにあるんです。シンクがこのコーティング材使って磨くとピカピカになるんで女性の内見者には受けがいいと思うんです。別料金になりますが・・・」

 

むむ、こちらの要求を無償で聞いてから、本命のこれを売ってやろうという営業テクニックを垣間見ましたが、専門家の純粋なアドバイスと性善説的思いが勝り・・・安ければ受け入れようかと思います

 

「でもやっぱ高いんじゃないんですか?」と直球で疑問をぶつけます。

「うーん、2,500円でやらせてもらいますが・・・」

 

安!相場わからないけどそれくらいだったら払います。

まんまと営業にのっかりやってもらいました。終了の連絡から結局1時間作業をさせてしまいました。私はその間現場で職人の作業をガン見。キレイになっていく様を見ているのは気持ちいいです。

 

料金はその場でクレカで26,000円支払いました。あれ?プラスしたのはシンクコーティングの2,500円だから22,500円ではないのか。いえいえ、差額の3,500円はパーキング代ですよ。

えぇ港区です。コインパーキング土日は20分300円が相場。上限3,500円設定がありますが、上限分しっかりいかれました!ギャース!

くらしのマーケットを使った後の思惑

終わり際、業者さんに「この値段安いですよね、やっていけるんですか?」と素朴な疑問をぶつけました。業者さん曰く「リピートしてもらってなんとか。けっこうリピーターさんが多いので」

ですよね。しかも薄利多売になると思うので実際いっぱいオファーもらっても対応できる人員も限りありますしねー。しかし、くらしのマーケットは料金がどの業者も見える化されているので、消費者側にとってはうれしいですね。しかしそれは業者にとっては諸刃で、安い料金に飛びつく消費者も多いだろうし、サイト内でダンピングが起きててもおかしくない感じがします。

 

そこで私の今後の思惑なのですが、作業をしてもらった業者を気に入ったら次の機会はくらしのマーケットを通さず直接連絡してみようということです。業者さんは仲介料をくらしのマーケットに支払わずに済むでしょ。もちろん値段はくらし設定でお願いして。こうやって業者づきあいを増やしていくのも大家レベルアップにはかかせないのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました