高齢者専門の不動産屋「R65不動産」の取組み

R65不動産 高齢者 起業準備

高齢者の入居を専門に取り扱うR65不動産。東京の杉並を拠点としています。社長の山本さんはガイアの夜明けに出演したこともあり、ご存知の大家さんも多いと思います。私が高齢者の入居に理解のある不動産屋として起業を考えたのも山本さんという先駆者があってこそ。そんなR65不動産のブログを私はストーカーのように日々訪れているんですが、本日、「応援サポーターを募集」と新着記事があがったのでチェックしました。

R65不動産の勉強会に参加したことあります

私がこの不動産屋を知ったのもガイアの夜明けなのですが、1年前くらいに高齢者専門の賃貸住宅について勉強会をやるとのことなので、どういう風に取り組んでいるのか非常に興味を持ち参加しました。

この時は起業なんか考えず、住宅と福祉行政にちょろっとひっかかる仕事をしている身として勉強させてもらおうと思ったのが動機です。あと、零細ですが、大家ですしね。

会場につくなり、山本社長から「あ、久しぶりですね」と、なぜか初体面の私におおらかな挨拶をして頂きました。

そして「はじめまして」と冷静に面白さ0の返しをする私。純粋にどなたかと勘違いされたみたいです。

人数が5~6人くらいの小規模開催なのに、テレビカメラが入っているんですよ。さすがの注目度と思った反面、ブサメンの私は絶対に映りたくないので隣の人の影にかくれるように着席をした記憶があります。

勉強会の内容は控えさせて頂きますが、ぶち当たっている課題が、入居者死亡後に契約関係が解除できずに残ってしまうことについてでした。

これは私も当時から思っていて、民法を憎ましく思っているところでもあります。死後事務委任契約と保証会社のアレンジで商品を開発しているとおっしゃっていましたが、この構想が進めば光が見えてくると思います。しかしブログで報告がないということはとん挫しているのでしょうか・・・。

契約を円滑に解除できる仕組みができ、他の不動産業者まで使えるようになればさらに大家さんの理解も進むと思います。

先駆者でも「物」が調達できない現状に四苦八苦

R65不動産|65歳からのお部屋探し
【R65不動産(アールロクジュウゴ)】65歳からのお部屋探しに関する総合情報サイトです。全国のマンション・アパート・コーポ・一戸建ての賃貸物件情報のオススメをご紹介。また、高齢の方でも入居可能な不動産屋さんもご紹介。あなたの幸せな住まい探しをサポートします。

さて、冒頭のサポーター募集についてですが、該当ページのトップにでる文言は「R65不動産の提供できるお客様はごくわずか」というタイトルです。これは、「高齢者相談可」「高齢者入居可」としている物件が少なく、それ以上に「高齢者お断り」としている大家さんの現状の心象の現れに苦悩している様子がうかがえます。

それでもなんとか掲載物件数を増やそうとの思いから出資者であるサポーターを募るにいたったのでしょう。

賃貸住宅を必要としている高齢者の需要は旺盛

R65不動産のようにニッチ分野専門でやると、厳しい状況に直面している様子がわかります。しかしながら「大家の理解を得て扱える物件を増やす」ということは公共性もあり私は共感ができます。山本社長はR65不動産が無い未来を目標としていますが、絶対に需要があり、今後も増えるマーケットなので役目は終わらないと私は思っています。

そして、この会社の事業がうまくいってくれると私の構想もやりやすいと思っているので是非頑張ってほしいです。めっちゃ宣伝記事みたいになってしまった。

山本社長にサポーターやります!と連絡したら「お久しぶりです」とおおらかな挨拶が返ってきました。今度こそ人違いではなく、認識して頂いておりました。ありがとうございます。

 

コメント

  1. 須藤二三男 より:

    昨日ガイヤの夜明けを観させていただきご連絡させていただきました。
    現在住んでおります下の部屋を3部屋貸しております。
    一部屋空いておりますが60歳以上の方でもお貸し致します。
    如何でしょうか。

    須藤

    • 絆 より:

      コメントありがとうございます。
      R65不動産に直接問い合わせてみていただいてよろしいでしょうか。
      https://r65.info/

      私は、彼らの取り組みを応援しているいち大家の立場なので。
      今後私が不動産屋を起業することになった場合には、私にもお手伝いさせて頂ける機会を頂ければありがたく存じます。
      須藤さんのような大家さんが増えていくように、私も頑張ってまいります。