2019-07

雑感

【賃貸住宅フェア2019】不動産テックの発展と管理会社の未来

7/30と31に賃貸住宅フェアの東京会場が開催致しました。私は30日に有休を取って行ってきました。会場には企業ブースが立ち並びます。社員やコンパニオンのお姉ちゃんが縦横無尽に腕を伸ばして資料渡しやアンケートを取る姿勢にタジタジでした。今日はそんな賃貸住宅フェアで印象に残った「不動産テック」について思うことがあったのでご紹介します。
保険

孤独死の費用をカバーするには保険の活用が不可欠(家主加入版)

前回は入居者が加入する火災保険で、孤独死が起きた場合の原状回復費用と遺品整理費用の補償を受けれることを紹介しました。今回は、事故物件となってしまった場合の空室期間賃料や減額賃料を補償する、大家さんが加入する保険を紹介いたします。
保険

孤独死の費用をカバーするには保険の活用が不可欠(入居者に加入してもらう版)

孤独死に対応した保険を紹介いたします。孤独死対応保険は入居者が加入するものと、大家が加入するものとの2種類あります。 今回は賃貸借契約を結ぶ際に、入居者が加入する火災(家財)保険に孤独死対応が附帯した商品を、少短協会の資料からリストアップしてみましたのでご参考にしてみてください。
住宅セーフティネット制度

東京都が高齢者が賃貸住宅に入りやすいよう補助金を実施!500円で見守りを導入できる!

住宅セーフティネット制度に関係するところで、高齢者の賃貸住宅の入居促進に寄与する事業を東京都が始めたので記事にいたします。東京都はこれまで、登録手数料の無料化や、登録住宅の面積緩和(25㎡⇒最低16㎡)など取り組んできましたが、またしても一手打ってきました。激安で高齢入居者に見守りを導入できます。
雑感

サブリースって大家側から解約できるの?

大家さん側からサブリース契約を解約したいと考えた場合、契約書に解約条文があればそれに準じて解約手続きを行えばよいですが、条文になく解約を業者が拒否することが実際にあります。業者が拒否した場合、大家さんに良い手はあるのでしょうか。
住宅セーフティネット制度

「全国居住支援法人協議会」が発足 高齢者が入居しやすい世界に一歩前進

6/29に全国居住支援法人協議会(略称:全居協)という団体が設立総会を開きました。この全居協の設立は、空室を抱え、高齢者などの住宅確保用配慮者も入居のターゲットとして考えはじめた大家さんにとって、追い風となる事案です。 当日資料を手に入れることができたので、全居協への私見をちょろりと発信します。
タイトルとURLをコピーしました