みなし仮設

みなし仮設

築古物件でも礼金もらえる!?被災者も大家もwin-win「みなし仮設」

10/12、台風19号が東日本を襲ってからおよそ1ヵ月が経ちました。各地で大きな住家被害が報告されていますが、被災地域の大家さんの物件は大丈夫だったでしょうか?賃貸住宅を被災者のために自治体が借り上げる、みなし仮設を行うところが出てきています。今回はどの地域でどういう条件で自治体が借上げをしてくれるのか確認してみます。
みなし仮設

みなし仮設に入居をする前に被災者に知っておいてほしいこと

最大震度7を観測した北海道胆振東部地震の発生から1年が経過しました。いまだに467世帯1032人が仮設住宅などで生活をしています。特に賃貸住宅が豊富にある札幌ではみなし仮設で生活している被災者が多いです。今回は自分が被災した時にみなし仮設に入居する際の注意点を記したいと思います。
みなし仮設

みなし仮設について大家さんに知っておいてほしいこと

ここ数年、日本では毎年のように豪雨災害起きてますね。「数十年に一度」という枕詞が毎回ついているように感じます。今年は佐賀県の惨状は特にひどく、被災者は8/28時点で約2,300人にも上りました。当然、床上、床下浸水と家屋が被災して、被害が甚大なところでは家に戻れない人もでてくる可能性があります。そのような方々の応急的な住まいの確保策、賃貸住宅を自治体が借り上げる「みなし仮設」を大家さんはご存知でしょうか。
タイトルとURLをコピーしました