契約

契約

入居者が亡くなってしまった時の賃貸借契約の解除

単身者の人が賃貸物件で亡くなった場合、契約の終了ってどうなるでしょうか?独居高齢者が増えている世の中です。大家さんに覚えておいていただきたいことを記しました。自力で勝手にやりたくなりますが、法律の手段に則って実務にあたりましょう。そして民法よ、相続のこの部分、改正必要です。
契約

【民法改正】貸している部屋に不具合があると家賃を減額しなくてはいけない!?

先日、不動産関係の団体の方と飲んでいたら、民法改正の「物件が一部使えなくったら当然に賃料を減額しなくてはいけない」条項について話が盛り上がりました。大家さんには、連帯保証人の極度額と同じくらい重要な改正ですので、ポイントを記しておこうと思います。
契約

生活保護の入居者の場合に入れておきたい契約条文

生活保護受給者を入居者として迎え入れる場合、住宅扶助費が直接大家さんに振り込まれる代理納付制度を使わない手はありません。ただこの代理納付、受給者から取りやめることができるシステムなんです。そうすると家賃滞納のリスクが跳ね上がってしまいます。今回は契約条文でリスク回避できないか、弁護士に聞いてきました。
契約

入居者に24時間駆け付けサービスは加入してもらうべき

先日、定期的な顔見せとして管理会社を訪問しました。担当と世間話をするわけですが、その中で私の物件の入居者からクレームがあったことを聞きました。おいおい、その報告受けてないですぜ?詳しく聞いてみると入居者負担の24時間駆け付けのサービスでサクッと解決したので特にしませんでしたとのこと。いや、それと報告がないことは別問題でしょ!でも駆け付けサービスのありがたさを感じたので記しておきたいと思います。
契約

法務省の役人に民法改正後の連帯保証人の極度額について質問した

2020年4月に改正民法が施行されることによって、連帯保証人は「この額までしか保証しなくてよい」という極度額を契約書面に設定しなくてはなりません。 今日、法務省の人に民法改正後の連帯保証人の極度額について教えてもらったことがあるので記しておこうと思います。
契約

死後事務委任契約を賃貸管理会社ができないか

前回は死後事務委任の概要についてふれました。死後事務委任契約を入居者に使ってもらうと、入居者の死後、賃貸借契約の解除に係ることを受託者へお願いでき、死後の残務処理を円滑に行えるというメリットがあります。あと、私の感覚では金額高いなーとも思ってます。今日はそのほか気になった点について考察していきます。
契約

今度こそ入居者死亡後の特効薬となるか!?「死後事務委任契約」

やっぱり入居者が亡くなった後の残置物等を円滑に処理するためには現在の法律の運用ではなかなか簡単にいかないと思っています。そこで効果が期待できそうなのが「死後事務委任契約」。おっと固い名前が出てきましたね?使うのにまたハードル高いんじゃないの?私も見つけて間もないものなので、勉強しながらシェアをしていけたらと思います。
契約

国土交通省が「終身建物賃貸借契約」のPRを開始した

高齢者入居の特効薬となりうる終身建物賃貸借契約書について、以前記事にしました。 一昨日、国土交通省がこの終身契約についてHPに大家さん向けのパンフレットをアップしました。 簡単なパンフレットだけでなく、詳細な説明資料もアップされているので参考になります。
契約

ルームクリーニング特約の書き方、大丈夫ですか?

入居者の退去時、ルームクリーニングは入居者に負担してもらいたいとの思いから契約書にその旨の特約を盛り込んでいる大家さんは多いと思います。特約自体は有効ですが、何でもかんでもアリというわけではないので、どんな記載方法であれば有効性を主張できるのか、考察していきたいと思います。
契約

生活保護、素行不良対策には定期借家契約が有効か!?

前回は代理納付が使えない可能性があることが、生活保護のシステム上の弱点であることを書きました。今日も生活保護受給者を受け入れるにあたり、自治体の思想、というか法の観点から弱点として、定期借家契約が使えないという実態(東京都)がありますのでそれを記していきたいと思います。