生活保護

生活保護

高齢者や生活保護に理解のある不動産屋の探し方

高齢者や生活保護の方の部屋探しって難しいですよね。不動産屋に行っても邪険にされるケースもあります。理解のある不動産屋に巡りあえればよいですが、それは運任せ。実は、高齢者や生活保護にフレンドリーにしてますという業者は検索できます。ホームズで有名なライフルの取組みを紹介します。
生活保護

生活保護(住宅扶助)の流用撲滅!大家にキチンと支払われる代理納付の活用が進む

4月から色々法律の改正が施行されています。大家さんには民法改正といったところが大きくかかわるところでしょうか。 この改正ラッシュ、生活保護の家賃である「住宅扶助費」の代理納付についても一部改正がありました。大々的な改正ではないのですが、大家さんにとってちょっと朗報なので周知いたします。
契約

生活保護の入居者の場合に入れておきたい契約条文

生活保護受給者を入居者として迎え入れる場合、住宅扶助費が直接大家さんに振り込まれる代理納付制度を使わない手はありません。ただこの代理納付、受給者から取りやめることができるシステムなんです。そうすると家賃滞納のリスクが跳ね上がってしまいます。今回は契約条文でリスク回避できないか、弁護士に聞いてきました。
保証会社

緊急連絡先が確保できない単身入居者は悲惨

保証会社に加入できない入居者ってこれからの時代はなかなか賃貸住宅に入居することができないでしょう。それは民法改正で連帯保証人の役割が薄れるからです。保証会社は今後ますます賃貸経営にとって頼れる存在になるのですが、この保証会社と契約できない...
生活保護

孤独死物件のニュースに世間の反応は?

昨日、ネットニュースをサーっと眺めていたら思わず目に飛び込んできた記事がありました。内容は孤独死に係る大家の悲痛の叫び。高齢者や生活保護の受入れに対し、絶賛後ろ向きになる記事ですが事実ですので大家さんは読んでおいて頂きたいです。
契約

生活保護、素行不良対策には定期借家契約が有効か!?

前回は代理納付が使えない可能性があることが、生活保護のシステム上の弱点であることを書きました。今日も生活保護受給者を受け入れるにあたり、自治体の思想、というか法の観点から弱点として、定期借家契約が使えないという実態(東京都)がありますのでそれを記していきたいと思います。
生活保護

生活保護受給者に収入があると代理納付ができない!?

生活保護受給者の受入れにあたり、家賃が直接大家や管理会社に振り込まれる代理納付はマスト!と強調をしてきました。代理納付をやらない意向がある自治体は考え方を改めなさいと声を大にして言いたいですが、実践しているところでもシステムの都合上、代理納付ができないパターンがあります。今日はそのことに触れていきたいと思います。
生活保護

更新時も住宅扶助費でしっかり支払われます

回は契約時にどれくらい保護費で契約料を賄えるかを記事にしました。今回は更新時にどれだけ支給されるのか見ていきたいと思います。
生活保護

大家さん、礼金チャンス!!住宅扶助費は「契約時」にいくら払われるか(東京23区・単身)

生活保護受給者を受け入れるにあたって、受給者の住宅扶助費が大家さんの収入になるので、以前書いたとおり、まずはとりっぱぐれのないように代理納付を使うことをマストとして考えて頂ければと思います。契約時、入居時、更新時にどれだけ住宅扶助費が支給されるかを調べました。今日は契約時に支払われる住宅扶助について記載していきます。
生活保護

生活保護受給者の受入れについて考察

生活保護の入居者について考察していこうと思います。大家さんは高齢者と同じくらい生活保護受給者の受入れに関して拒否感があるのではないでしょうか?特に家賃の使い込みによる滞納や隣人トラブル、孤独死などをリスクと感じるのではないでしょうか。
タイトルとURLをコピーしました