IOTマンションがこれから流行りそう

雑感

先日、建物管理会社の研修施設の見学会に参加してきました。その研修施設では、この会社の取組みがフロアごとに展示され、大規模修繕や、防災への取組み、リノベーション事例や民泊のモデルルームと、ブース分けされ展示会場の様相をしており見事なものでした。なかでも驚いたのがIOTを活用した「エントランス」の仕様でした。

顔認証システムでオートロックあけちゃいます

この研修施設に「未来住宅」なるフロアがありました。そこはIOTを活用することで、マンションは、将来こんなに利便性が高くなります、という展示フロアでした。

 

賃貸住宅のIOTといえば、真っ先にスマートロックを思い浮かべる知識貧困な私。今回私が驚いたのは、オートロックの認証と、共用部に設置するデジタルサイネージ(電子掲示板)の活用方法です。

 

写真を撮れなかったので、パンフレットの画像で説明を致します。

IOTマンション

まずこれ、エントランスの画像です。オートロックの番号を入力したりやキーをかざす親機らしきものが見当たりません。

実は左上にある、カメラによって顔認証して開ける仕様なのです。

なので、カメラ方向に顔を向けるだけでガーっと扉が開きます。登録された人しか開けれないので防犯性が高い!

まるでweb広告 興味のありそうなものを掲示板が提案

オートロックを抜けるとデジタルサイネージが確認できます。

IOTマンション

これが私は一番将来性があり、夢が広がる設備だと思いました。

 

デジタルサイネージは、よくある共用部分の掲示板に置き換わるものと想像できるでしょう。

そのとおり、マンション内で周知したいことなどはもちろん表示されているのですが、表示されるのはそれだけじゃないんです。

 

オートロックを開けるのにカメラに顔を認証させましたよね?認証システムはその人の年齢や性別、家族構成などの情報まで判定します。

 

例えば主婦の方だったら、デジタルサイネージはその情報を元に近所のスーパーの特売チラシを表示させたりするのです。パーソナルにあわせて表示内容を変えてきます。

 

このような、グーグルの広告みたいな挙動をすることもできるし、しばらくエントランスをくぐっていない(顔認証していない)人がいれば、孤独死を心配して、他の親族の方へお知らせまでしてくれるそうです。

デジタルサイネージはコスト0で導入が可能!?

これだけの多機能な掲示板ですから、導入するにはかなりコストがかかるんではないかと思いませんか?私は思ったので率直に質問をぶつけました。

 

管理会社の社員さん

「サイネージのここを見てください。企業のバナーが何社か表示されてますよね。企業の商品をマンション住民に宣伝をすることで、スポンサーになってもらっているんですよ。月々のわずかな電気料金はかかりますが、設置やその他の運用費は0コストなんです。実は香川県のあるマンションでテストしていて、0コストでできることが判明しているんです。」

 

例えばリノベとか、物件の付加価値をあげようと思ったら相応のコストが必要になります。

しかし、このデジタルサイネージは企業スポンサーをつけることでマンション管理組合は負担なく居住者の便利ポイントがアップすることができるのです。

あっ、私は分譲マンションベースで見学をしていたのですが、ワンオーナーの収益物件でもオートロックがある物件ならできると言っていました。

まとめ

・IOTが何かしら導入されている物件ばかりになる

 

雑なまとめですが、今回の見学会では、そう遠くない未来にIOTで生活利便性が増した物件がはびこる世の中になると感じました。

今回は共用部のエントランスの話しかしませんでしたが、専有部も見学しましたからね。日光に併せて調光システムが働いたり、鏡の前に立ったらヘルスチェックができたりと様々な機能を目の当たりにしました。

 

こういう物件が賃貸の市場でもはびこるようになると、築古物件って益々競争力を失って入居付けに苦労するということです。

でも、競争力の落ちた築古物件でも、需要がある属性もいるわけです。ええ、私がこのブログで取り上げている住宅確保要配慮者の方々です。

 

ところで最近の不動産業界のIOT推しすごいと思いませんか?私は夏の賃貸住宅フェアの特集の組まれ方から、業界の推しをまざまざと見せつけられたと思っています。

これから色々なマンション、戸建てでもそうでしょうが面白い物件がでてくるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました