OYO LIFEのオヨヨっぷりが露見

OYO オヨ OYO

当ブログでも何度か記事にしたOYO。一般的な賃貸物件と比べ、初期費用を段違いに抑えられること武器にやってきたインドの賃貸黒船ですが、ホテル事業はヤフーとの合弁解除など最近はいいニュースを聞きません。実は入居者、家主ともトラブルが頻発している様子なので、OYOに何が起こっているのか記事にしてみたいと思います。

クソ物件オブザイヤー2019の不動産テック賞を受賞したOYO

今年で6年目を迎えた「クソ物件オブザイヤー2019(KBOY2019)」。年々右肩上がりに盛り上がりを見せるこの祭典も、先日大盛況のうちに幕を閉じました。

コアな開発ネタからトレンドのテックネタ、キャッチーなボロ物件再生ネタなど、多くの投稿に笑わせてもらいました。そんなKBOY2019の中から、名誉ある「不動産テック賞」をOYO LIFEは受賞しました。

 

 

 賃貸借契約時に入居者が支払う費用に、敷金、礼金、仲介手数料、家賃債務保証料などがありますが、入居者側としては、払うのになかなか納得がいかない料金もあるかもしれません。(大家さんや不動産屋としては、安心して受け入れるための材料ですので、そこは汲み取っていただきたいとは思いますが)

それらの費用をとっぱらって、初期費用を大幅に節約して、家電・光熱費セットで月々の家賃を割り増してで賃貸にするのがOYOのスタイルです。

ずさんな管理状況?入居者トラブル続出!?

不動産テックよろしく非対面契約上等で日本へと乗り込んできたOYOですが、入居者のトラブル報告が続出しています。

 

勝手にOYOの人が入ってくる

 

従業員が倫理観を持ち合わせず、勝手に侵入するというのは考えにくいので、室内のチェックだったのでしょうか?にしても、空き室状況の管理ができていないという事例です。

 

開けたら別の入居者が既にいた

 

ダブルブッキングです。既に入居されていた方は女性ということで、とても恐怖を感じたことでしょう。

上述同様、空室の管理状況のオペレーションがちゃんと回っていない状況ということがよくわかります。

 

鍵の受け渡しがスムーズではない

OYO LIFE住んでみたら最悪だった - oyoyolife’s diary
OYO LIFEってご存じですか? 「旅するように暮らす」新しいライフスタイルを、OYO LIFEで実現しませんか。 という売り文句の賃貸サービスです。スマホだけで契約手続きができて、 契約したその日から気軽に住めるという画期的なサービスです。敷金や礼金、光熱費などもコミコミ(その分少し割高だけど) でとっても魅力的!...

 

この方はOYOの対応が我慢ならずに、実体験をブログにつづっていらっしゃいます。教えられた暗証番号でポストが開けられず、キーが取り出せない。かと思ったら、ポストに手を突っ込んで鍵を取り出せないかというアクロバット助言をOYOから授かっています。

大家さんとのトラブルもある。無催告の解約通知が乱れ飛ぶ!?

入居者側だけでなく、大家さん側でもトラブルがあるみたいです。ニュースになっていましたが、契約を巡る苦情が寄せられているようです。

インド「OYO」の賃貸事業、ヤフーが合弁解消
ヤフーが日本国内の不動産賃貸仲介事業で、インドの格安ホテル運営会社OYO(オヨ)ホテルズアンドホームズとの合弁関係を解消していたことが17日分かった。3月から始めた不動産賃貸サービス「オヨ・ライフ」

 

 

どんな契約トラブルがあったか調べてみると、一例ですがでてきました。契約書を返送してこず突然解約されたとのこと。

 

 OYO 契約トラブル

 

OYOの契約書のひな形には「転貸に適さない場合には、催告無くしてOYOは解除できる」旨が記載されているみたいですので、かなりOYO側に有利な契約内容になっています。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

OYOからの借上げ依頼にのっかってしまった大家さん。OYOは1~3月の繁忙期で決めきれなかった部屋については解約通知を送ってくるかもしれません。解約を受けた大家さんは繁忙期後に自力でテナント付けを頑張らなくてはいけないという悲劇が待っています。

 

事業が危ういのでしょうか。オーナー宛の解約通知、続々とでてきているみたいですね。

OYOから突然の解約を受けてもあわてないように大家さんは注意

前段の、突然の解約通知を受けた大家さんは、違約金請求をしてなんとか応じてもらったみたいです。実績がありますので、勇気をもらえる事例ではないでしょうか。

 

ただこれは、大家さんが契約に前向きだったのに契約書が返送されずうやむやで突然解除になったパターンです。

 

すでにOYOからの家賃の振込が始まっていて、誰が見ても賃貸借契約が成立している状況の中、OYOから「やっぱりエンドが見つからないから即解除ね!」と言い渡された場合が大変です。

 

賃貸管理会社や仲介不動産屋との縁を完全に断ち切ってOYOとのサブリース契約をやっている大家さん、今からでも関係を修復して迅速に再募集をできる態勢を整える準備はしておきましょう。

 

また、購入予定の物件がOYOで埋め尽くされていた場合、一斉退居を考えるとリスキーかもしれませんね。OYOは家具付き賃貸ですので、エンドの賃料帯は平均相場よりあがります。思った以上に借り手が現れなかった地域の物件では撤退も十分に考えられる状況です。

コメント