事故物件

雑感

日管協が短観を公表!高齢者の賃貸需要旺盛 「事故物件」が調査項目に加わる

管理会社の団体の日本賃貸住宅管理協会が、2019年4月から9月までの景況感調査を公表しました。今回「事故物件」に係る調査結果も公表しましたので、家賃があがった間取りや、どういう入居者が増えたかなどとあわせてご紹介いたします。
高齢者

事故物件を専門に取り扱うポータルサイト知ってますか?

大家さんとしては、入居者に高齢者を迎えるシチュエーションも、今の日本においては必ず増えてきます。そして、所有物件が事故物件になってしまった場合、それ専用のポータルサイトがあれば、一定の需要を取り込むチャンスも増えるでしょう。そんなポータルサイト、実は既にあるのでご紹介します。
雑感

事故物件の定義って何?

このブログでは高齢者を入れてあげましょうよ、と記事にしています。それゆえに居室内死亡に対するリスク対策も様々記事にしているところです。しかしやっぱり事故物件化するのは怖い!この思いが強く、踏ん切りがつかない大家さんも多いと思います。なので今日はどういうことが起きたら事故物件になってしまうか、考察していこうと思います。
タイトルとURLをコピーしました