孤独死

高齢者

国交省が事故物件の定義を明確化!?現状の事故物件の問題をおさらい

不動産業者への事故物件アンケートによると「殺人事件が起きた」を事故物件に当てはまると回答した業者は48.1%でした。えっ、100%じゃないの!?と声が出てしまいました。事故物件は判断基準が明確でないため、事業者・入居者間のトラブルのもととなります。国交省がこの指針を策定しますので、現状の問題や対策を記しました。
保証会社

保証会社ナップは高齢者用に使えるかも

これから高齢者や生活保護など、あまり属性のよくない方を受け入れるシチュエーションも増えるかと思います。そういった場合、夜逃げや孤独死に対応している保険や保証会社を入居者に絶対に契約してほしいのが大家心。今回は、孤独死が発生したあとの残務処理を行ってくれる保証会社ナップを記事にします。
雑感

日管協が短観を公表!高齢者の賃貸需要旺盛 「事故物件」が調査項目に加わる

管理会社の団体の日本賃貸住宅管理協会が、2019年4月から9月までの景況感調査を公表しました。今回「事故物件」に係る調査結果も公表しましたので、家賃があがった間取りや、どういう入居者が増えたかなどとあわせてご紹介いたします。
高齢者

事故物件を専門に取り扱うポータルサイト知ってますか?

大家さんとしては、入居者に高齢者を迎えるシチュエーションも、今の日本においては必ず増えてきます。そして、所有物件が事故物件になってしまった場合、それ専用のポータルサイトがあれば、一定の需要を取り込むチャンスも増えるでしょう。そんなポータルサイト、実は既にあるのでご紹介します。
保険

孤独死の費用をカバーするには保険の活用が不可欠(家主加入版)

前回は入居者が加入する火災保険で、孤独死が起きた場合の原状回復費用と遺品整理費用の補償を受けれることを紹介しました。今回は、事故物件となってしまった場合の空室期間賃料や減額賃料を補償する、大家さんが加入する保険を紹介いたします。
保険

孤独死の費用をカバーするには保険の活用が不可欠(入居者に加入してもらう版)

孤独死に対応した保険を紹介いたします。孤独死対応保険は入居者が加入するものと、大家が加入するものとの2種類あります。 今回は賃貸借契約を結ぶ際に、入居者が加入する火災(家財)保険に孤独死対応が附帯した商品を、少短協会の資料からリストアップしてみましたのでご参考にしてみてください。
雑感

事故物件の定義って何?

このブログでは高齢者を入れてあげましょうよ、と記事にしています。それゆえに居室内死亡に対するリスク対策も様々記事にしているところです。しかしやっぱり事故物件化するのは怖い!この思いが強く、踏ん切りがつかない大家さんも多いと思います。なので今日はどういうことが起きたら事故物件になってしまうか、考察していこうと思います。
契約

今度こそ入居者死亡後の特効薬となるか!?「死後事務委任契約」

やっぱり入居者が亡くなった後の残置物等を円滑に処理するためには現在の法律の運用ではなかなか簡単にいかないと思っています。そこで効果が期待できそうなのが「死後事務委任契約」。おっと固い名前が出てきましたね?使うのにまたハードル高いんじゃないの?私も見つけて間もないものなので、勉強しながらシェアをしていけたらと思います。
タイトルとURLをコピーしました